永田町・霞が関族の公会計知識のこと


日銀がもっている通貨発行高権(シニョレッジ)がどういうことかの理解できている人が永田町・霞ヶ関界隈にさえごく少人数だということ。「輪転機を回せばインフレになる」という理屈言葉は広く行き渡ってはいるには。

私が、 ①
 借方:貸付金   XXX億円 / 貸方:銀行券【発行】 XXX億円
若しくは②

 借方:買いオペ  XXX億円 / 貸方:銀行券【発行】 XXX億円
若しくは③
 借方:国債引受け XXX億円 / 貸方:銀行券【発行】 XXX億円
で銀行券勘定が膨らみ発行となり(輪転機が回って)

①と②では銀行等金融機関相手に
 借方:▼銀行券  XXX億円 / 貸方:日銀当座預金(銀行等の日銀預ヶ金) XXX億円
で、銀行等金融機関の側では

 ②⇒ 借方:現預金   XXX億円 / 貸方:▼保有国債 XXX億円 
 ①⇒ 借方:現預金   XXX億円 / 貸方:借入金   XXX億円

③では政府預金へ
 借方:▼銀行券  XXX億円 / 貸方:政府預金(政府国庫の日銀預ヶ金)  XXX億円
で、国庫の側では
 借方:政府預金  XXX億円 / 貸方:税外収入シニュレッジ移転 XXX億円

と書いて、直ぐわかる人は殆どおられない。

kenjikatsuragi について

Prof. Emeritus of Toyama University Twitter http://twitter.com/kenjikatsu 放浪佳人、時々日比谷公園界隈w(さっぱり放射能ホットスポット恐怖症で、北陸新幹線開通も軽井沢あたりで足が止まってしまう)。 Retired: 齢70まで教壇にたっていました。 http://jp.linkedin.com/in/csanet で以て「私の履歴書」。私の履歴書(業績編) http://ow.ly/3D0yv
カテゴリー: 未確定 パーマリンク

永田町・霞が関族の公会計知識のこと への7件のフィードバック

  1. kenjikatsuragi より:

    On seigniorage issue for Revenue funding of Gov. ! ⇒ #defle #seiji wp.me/p17Re7-vq #Abenomics


    Debit: Loans XXX / Debt: Issued Banknote XXX

    Or ②
    Debit: Buying Operatedone XXX / Debt: Issued Banknote XXX

    Or ③
    Debit: Underwriting government bonds XXX / Debt: Issued Banknote XXX
    The issue into Bank Accounts by Private Banks

    On the side of banks and other financial institutions partner in ① and ②:
    Debit: ▼ Banknotes XXX / Debt: CABs(Deposit to BoJ by private banks) XXX

    ② ⇒
    Debit Credit Cash XXX / Debt: ▼Government Bonds held XXX
    ①⇒ 
    Debit Credit Cash XXX / Debt:  Debt from BoJ XXX

    In ③ to Deposit from Govenment of BoJ BS;
    Debt: ▼ Banknotes XXX / Debt: Government Deposit (Japan government treasury) XXX

    On the side of the government treasury;
    Debt: Government Deposit XXX / Debt: Non-tax Revenue(seigniorage transfer) XXX:

  2. たむりん より:

    >借:▼日銀券XXX/貸:日銀当座預金XXX

    これは日銀側の仕訳ですね?
    日銀当座が増えて発行日銀券が減る、これは日銀券の環収ですね。
    なぜこの仕訳がここに出てくるのか分かりません。

    • kenjikatsuragi より:

      それは日銀がやっている金融調節 http://www3.boj.or.jp/market/jp/menu.htm を見てもらえばわかりますが、還収というのは売オペのような「回収」(廃棄)の場合もあれば、現金通貨(銀行券)流通と預金通貨との日々の出入でもなされているのです。

      • たむりん より:

        例えば①なら

        <日銀>
        借方:貸付金   XXX億円 / 貸方:銀行券【発行】 XXX億円
        <金融機関>
        借方:現預金   XXX億円 / 貸方:借入金   XXX億円

        これだけでいいはず。

        <日銀>
        借方:▼銀行券  XXX億円 / 貸方:日銀当座預金(銀行等の日銀預ヶ金) XXX億円

        この仕訳を出した意図が分かりません。
        全く不要だと思えます。

      • kenjikatsuragi より:

        <日銀>
        借方:▼銀行券  XXX億円 / 貸方:日銀当座預金(銀行等の日銀預ヶ金) XXX億円
        この仕訳を出した意図(意味)は、

        発行現金(日銀券)を貸出先銀行当座(=現預金)に日銀側で振替える仕訳。これを承けて銀行側は
        借方:現預金   XXX億円 / 貸方:借入金   XXX億円
        仕訳が出来る。

    • kenjikatsuragi より:

      売りオペなどでの「日銀券の環収」と同様に伝票操作(いまは電子操作)で仕訳手順としている。

  3. kenjikatsuragi より:

    発行銀行券を手順として日銀では「発券された」というのは「伝票」で「出」、それを営業日〆で「当座預金」に振替えられることを伝票で「入」とされて仕訳記載。今はそれを電算処理されるが手順的には

     借方:▼銀行券  XXX億円 / 貸方:日銀当座預金(銀行等の日銀預ヶ金) XXX億円

    が入っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中