高橋洋一氏の「経済政策」財源試算


補正予算の財源は何があるか。まず、2012年度の一般会計剰余金1兆2952億円がある。このほかに、復興分として1兆1252億円の剰余金もある。これは東日本大震災復興特別会計に繰り入れる予定であるが、その分、復興予算に余裕ができる。カネに色はついていないので、補正予算財源になりうる。

 また、12年度の特別会計剰余金も35兆5211億円ある。このうち国債の大量償還を円滑に行うために、借換債を前年度に前倒して発行する「前倒し債」などで必ずしも財源とは言いにくい国債整理基金特別会計を除いても13兆719億円もある。

 このうち積立金として積み立てられたのは3兆8225億円、13年度当該特会の歳入に繰り入れられたのは7兆2222億円、13年度一般会計に繰り入れられたのは1兆9633億円。その積立金は一応「必要」なものとして積み立てたが、本当に必要かどうかをよく精査すべきだ。これは、小泉政権の時に行われた「埋蔵金」である。財政当局は必要だといいつつ、結果として40兆円の財源がひねり出せた。

 さらに、13年度一般会計予算では、国債費22兆2415億円を計上しているが、その内訳は債務償還費12兆3388億円、利払費等9兆9027億円だ。債務償還費は国債整理基金特別会計への定率繰り入れで必要というが、それは世界でもまれな制度だ。世界標準で定率繰り入れを止めれば、財源となる。

 これまでも何回も定率繰り入れは日本でも停止したことがあるが、それで問題になったことはない。利払費では、予算積算金利が1・8%と市場金利より高めになっているので2~3兆円ぐらいの財源捻出は容易だ。

 このほかにも、景気回復による自然増収もある。景気回復局面での税収弾性値(名目GDP=国内総生産=が増えるごとに税収が増える割合)は3程度なので、4~6月期のように名目4%成長であれば、4兆円以上の税増収が期待できる。

kenjikatsuragi について

Prof. Emeritus of Toyama University Twitter http://twitter.com/kenjikatsu 放浪佳人、時々日比谷公園界隈w(さっぱり放射能ホットスポット恐怖症で、北陸新幹線開通も軽井沢あたりで足が止まってしまう)。 Retired: 齢70まで教壇にたっていました。 http://jp.linkedin.com/in/csanet で以て「私の履歴書」。私の履歴書(業績編) http://ow.ly/3D0yv
カテゴリー: 未確定 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中