政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について


https://ja.scribd.com/document/320260773/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%82%B5%E5%8B%99%E3%81%AE%E5%84%9F%E9%82%84%E3%81%A8%E8%B2%A1%E6%BA%90

なお、新発10年債の【 過去10年分の推移 】の限り、政府債務積み増しは国債市場へ特段の問題は起こしていない。
 

kenjikatsuragi について

Prof. Emeritus of Toyama University Twitter http://twitter.com/kenjikatsu 放浪佳人、時々日比谷公園界隈w(さっぱり放射能ホットスポット恐怖症で、北陸新幹線開通も軽井沢あたりで足が止まってしまう)。 Retired: 齢70まで教壇にたっていました。 http://jp.linkedin.com/in/csanet で以て「私の履歴書」。私の履歴書(業績編) http://ow.ly/3D0yv
カテゴリー: 未確定 パーマリンク

政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について への9件のフィードバック

  1. kenjikatsuragi より:

    補筆です。
    p.5 の 公債(国債・地方債*)
    * 2014、5年度等の特定年度地方交付税相応の代替に地方が発行した臨時財政対策債、東日本震災地方債など、国の特別会計償還に回すもの。 @kenjikatsu “政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)

  2. kenjikatsuragi より:

    #zaisei #defle まだ国債償還の仕組みが読み込めない人たちから問い合わせがありますので、図示しておきます。https://t.co/VDcgUdHnSz

  3. kenjikatsuragi より:

    一般的に財務省の説明「国債の元利払いに充てられる費用(国債費)」を以下のように一般会計国債費23兆円から本年度国債償還一切がなされていると思わせる。http://www.zaisei.mof.go.jp/…/2-1%EF%BC%88%E3%83%A1%E3…

    しかし、それは、国債など公債償還会計では、「一般会計からの受入」であって、本年度「要償還総額(元利)」204兆円に比してあまりに少なすぎる。大半の財源は、以下の表示の歳入「公債費」115.7兆円が賄っている。

    平成27年度予算
    国債整理基金特別会計
    http://www.mof.go.jp/about_mof/mof_budget/special_account/kokusaiseiri/2015budget.htm

    この「公債費」はどこから来たかの説明を財務省は表立ってやらないので、みなは一般会計から歳出の「国債費」23兆円が総枠だと思ってしまっている。それは、はじめの指図に掛かれたように、日銀が買いオペ保有している国債のうちの償還期が来た長期債を「現金に近い借換債」に減債してそれに伴い発生する利差益(次年度繰下げ)をあわせた財源化で賄っている。

  4. kenjikatsuragi より:

    「政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について」に発表まで補完的コメントを付け加えていくので、ご関心の方はこちらへ。 #zaisei #defle
    http://www.slideshare.net/kenjikatsuragi1/20151142 via @SlideShare

    • Kenji Katsuragi より:

      細々したご質問いただいていますので、コメントを入れて行っています。来春の会誌掲載に論文化の際、補筆させてもらいます。

  5. kenjikatsuragi より:

    高橋洋一さんが口にする「日銀は第5条本項で国債直引受禁じられているが、但書で市場から買受債分の償還を減債することをして実質引受している」というのはこういうことで、シニョレッジ(通貨発行権)は政府の主要財源。今はそれを国債償還財源に限定しているほか、交付国債でODA予算ほかを賄っている。財務省はもっと正直にいうべき。 先の世界大戦の戦債賄ったトラウマになっているのだろうけど、大蔵省ー日銀ー朝鮮・台湾・戦線の官制銀行や横浜正金などの間の「預け合い」による財源膨らましのほうが問題だったのであって、敗戦後統治したGHQもそれらを纏めさせてサンフランシスコ条約による独立に際しても一括してUSの中央銀行(ニューヨーク連銀)に預けを強いている。

  6. kenjikatsuragi より:

    最終稿には入れなかったが、財政(財源)に、通貨発行権はその都度、法律をつくって国会議決を得て予算に編み入れている。直近のそれが→「年金特例公債」(厚生年金基金から年金機構に移し替えする「65歳以上の老齢基礎年金の積み立て不足を補填分」の交付として。www.mof.go.jp/about_mof/bills/181diet/20121029g.pdf

    • kenjikatsuragi より:

      なお、この補填交付債発行は、「3 第一項の規定により発行する公債及び当該公債に係る借換国債(次項において「年金特例公債」という。)については、平成四十五年度までの間に償還するものとする。」とされている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中