国債の償還財源


分かっていただきたい一つは、、国債の償還が未来世代のGDP(付加価値)」に丸投げされているというのではなく、経済実体が消費を通して将来に向けて最終的な付加価値であるGDPを生み出すための中間消費とみなされる金融(通貨価値)の「シャドー・プライス」を意味する通貨発行益から償還させられていくという構図である。つまり、消費する主体が、家計や一般政府、海外などである場合には、 その消費は最終消費支出とみなされるため、GDPを増減させるからである。

政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について2015.11.20https://t.co/BeeM0K2YRx via @SlideShare ‪#‎zaisei‬

kenjikatsuragi について

Prof. Emeritus of Toyama University Twitter http://twitter.com/kenjikatsu 放浪佳人、時々日比谷公園界隈w(さっぱり放射能ホットスポット恐怖症で、北陸新幹線開通も軽井沢あたりで足が止まってしまう)。 Retired: 齢70まで教壇にたっていました。 http://jp.linkedin.com/in/csanet で以て「私の履歴書」。私の履歴書(業績編) http://ow.ly/3D0yv
カテゴリー: 未確定 パーマリンク

国債の償還財源 への2件のフィードバック

  1. kenjikatsuragi より:

    Kenjikatsuragi's Blog でリブログしてコメントを追加:

    Reblogしておきます。

  2. kenjikatsuragi より:

    政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債) by @secohouse http://www.slideshare.net/kenjikatsuragi1/2016513

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中