政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債

通貨発行益という財源

カテゴリー: 未確定 | コメントをどうぞ

通貨発行益という財源

参考まで。

今日の勉強会で説明した通貨発行益が財源になる仕訳説明図を上げておきます。 #zaisei ow.ly/d/4OWf

 

 

カテゴリー: 未確定 | 3件のコメント

LinkedINの利用が出来なくなっています。

どうした弾みか、LinkedINの利用がわたしの登録メール廃止*によって利用不可になっているので、以後一切利用しておらず、運用を放棄します。宜しくご了解ください。

 

*大学メールサーバーがこの新年度から、OB(名誉教授ほか)に利用停止したため。

カテゴリー: 未確定 | コメントをどうぞ

「通貨発行権シニョレッジ」による借換債・交付債という財源

国会予算委員会は、「通貨発行権シニョレッジ」による借換債・交付債という財源運用の在り方を取り上げるべき。政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について2015.11.20 http://www.slideshare.net/kenjikatsuragi1/20151142 via @SlideShare #zaisei

カテゴリー: 未確定 | コメントをどうぞ

国債の償還財源

Reblogしておきます。

Kenjikatsuragi's Blog

分かっていただきたい一つは、、国債の償還が未来世代のGDP(付加価値)」に丸投げされているというのではなく、経済実体が消費を通して将来に向けて最終的な付加価値であるGDPを生み出すための中間消費とみなされる金融(通貨価値)の「シャドー・プライス」を意味する通貨発行益から償還させられていくという構図である。つまり、消費する主体が、家計や一般政府、海外などである場合には、 その消費は最終消費支出とみなされるため、GDPを増減させるからである。

政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について2015.11.20https://t.co/BeeM0K2YRx via @SlideShare ‪#‎zaisei‬

View original post

カテゴリー: 未確定 | コメントをどうぞ

国債の償還財源

分かっていただきたい一つは、、国債の償還が未来世代のGDP(付加価値)」に丸投げされているというのではなく、経済実体が消費を通して将来に向けて最終的な付加価値であるGDPを生み出すための中間消費とみなされる金融(通貨価値)の「シャドー・プライス」を意味する通貨発行益から償還させられていくという構図である。つまり、消費する主体が、家計や一般政府、海外などである場合には、 その消費は最終消費支出とみなされるため、GDPを増減させるからである。

政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について2015.11.20https://t.co/BeeM0K2YRx via @SlideShare ‪#‎zaisei‬

カテゴリー: 未確定 | 2件のコメント

Please come on to!

富山大学 政治経済学セミナー  環境特集 連続3回(「G7富山環境大臣会合」に向けて)

カテゴリー: 未確定 | コメントをどうぞ